世界の医療事情【シエラレオネ編🇸🇱vol.1】

こんにちは!現在、西アフリカのシエラレオネへ渡航中の、静岡大学農学部の神澤清(かんざわ きよし)です!

今回、縁あって「看たまノート」の方からご連絡を頂き、計3回ほど記事を寄稿させていただくことになりました。

シエラレオネについては、多くの医療、看護学校で「妊産婦死亡率世界1位、医療状況ワースト1位」などと教わるのではないでしょうか。

そう、この国は別名、「世界で一番いのちの短い国」。

2018年のWHO男女別平均寿命ランキングでは、男女平均53.1歳でワースト3位、男性平均52.5歳でワースト3位、そして女性平均は53.8歳でワースト1位です。

現在内戦中の国を差し置いてランキングワーストを占めています。

(引用:https://www.wwoofjapan.com/main/index.php?lang=jp)

ちなみに日本は男女平均(84.2歳)、女性平均(87.1歳)共に世界1位(男性は2位)と、平均寿命という点においてはまさに対極的です。

そんなシエラレオネに滞在中の僕。

実際に来ているからこそお伝えできることもあるかと思います!

シエラレオネのレポートをする前に、初回は

・そもそも僕は誰なのか

・なぜシエラレオネに来たいと思ったのか

を書かせていただきます!!

自己紹介

改めまして、静岡大学農学部3年生の神澤清です!今春から休学したので、3年生で止まっています!本来なら4年生です!

突然ですが、僕の夢は「世界でたくさんの人をお腹いっぱいにすること」です!

なんでこの夢を持ったのか、ということを話すと少し長くなるので、夢の生い立ちに関しては記事の1番下に僕のブログのリンクを貼っておくので、ぜひご一緒に見ていただけると幸いです!

夢がこんな感じなので、つまり将来の路線としては「国際協力」を目指していきたいと大学に入る前から考えていました。

しかし、大学では部活もやっていたこともあり、そんなこんなであっという間に大学3年生になり、いよいよどうしようかを決めるとき。

国際協力に進む道にどのようなものがあるのか。僕はJICAしか知りませんでした。

そこで、その界隈の人脈を増やすために、自分で「国際協力、平和」をテーマにしたイベントを主催したり、逆に参加者としてイベントに行ったりしていろいろ情報を集めていました。

徐々に知識も増え、自分の夢に対する考えが深まっていきましたが、そんな中1つ大きな懸念がありました。

それは、「まだ海外に行ったことがなかった」ということ。

途上国に行って支援がしたい。人を助けたい。と思っているのに、まだ日本すら出たことがない。そんな状況で自分の進路を数ヶ月後に決めなければいけない。そんな大学3年の後半。

果たしてこのままでいいのか。まずは自分の足で現場に行って、そこから考えるべきではないのか。

シエラレオネとの出会い

僕はそう思い、いろんなボランティアのサイトを漁っていました。目的地は途上国の代名詞「アフリカ」です。

しかし、、、

アフリカのボランティアやインターンは、ただでさえ航空券も高いのに、参加費がかなり高い、、(1週間で5〜10万とか普通です)

いやちょっと待ってくださいと。そんなお金貯めれませんよと。僕お金の使い方めちゃくちゃ下手なので。笑

なんか安い方法ないかなぁ。とひたすらに探していたところ、ある日大学で授業に来てくださった教授に、こう提案していただきました。

「WWOOFで行けばいいんじゃないか?」

みなさん、WWOOFをご存知ですか?

WWOOFとは「World Wide Opportunities on Organic Farms」の略で、世界で実施されている「有機農家ファームステイ斡旋機関」です。

こちらの最大の特徴は、「格安で海外に長期滞在できる」ことです。

国によって違いますが、最も規模が大きいオーストリアとニュージーランドでは、登録料として10000円を払うだけ!払った後は滞在可能農家を探してアポを取り、滞在中は農作業をして農家のために働く代わりに、タダでご飯、宿を提供してもらえるのです!!

これを使えば海外に安く行ける!!でも、アフリカでやってるのか!?と探してみたら、あったんです!開催してる国が6カ国!やった!

(WWOOF Africa:https://wwoofinternational.org/category/africa/)

農学部だから農業っていう専門もばっちりだし、格安でアフリカの現場を知れる!

この時には、もう休学して、この中から探して、アフリカに行こうという考えはほとんど決まっていたと思います。

探していると、何やら見たことのない国が。「sierra leone、、?なんだこの国?」と思い調べてみると、「世界で1番いのちの短い国」だと!

選択肢の中から最もディープなとこ行きたいと思っていたので、「ここにしよう!シエラレオネで農業生活するぞ!」そう決めました!

自分でも改めて書いてみると結構理由はシンプルです!笑

シエラレオネで何を得て、感じたのか、それを今後どう生かしていくのかは、1番最後の記事、活動終了後に書かせていただこうかと!

次回は「シエラレオネの健康について僕が思うこと」です!

こんなテンションですが、ぜひ残り2本も見てください!

僕についてもう少し知っていただけるという方、ぜひこちらのブログ記事と、SNSも合わせてお楽しみいただければと思います!

それではまた次回!!!

僕の夢の成り立ち

https://note.mu/passionkiyoshi/n/n95b9e4cf4fac

Twitterアカウント

Instagram

https://instagram.com/kiyoshi0310k

RECOMMEND こちらの記事も人気です

助産師・山本文子(やまもとふみこ)さんのお話を伺ってきました!1/2
【イベント情報】企業で働く医療専門職の話を聞こう~臨床以外のキャリアの歩み方~
【イベントレポート】看たまノートとして東海学生AWARDを終えて~壇上暗すぎんか~
【イベント情報】「医療職だけで一生過ごすの?」
【イベントレポート】第2回Gifuクリティカルケア看護情報研究会
訪問看護ステーションのインターンに行ってきました!!!in静岡県

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です