【活動レポート】白熱教室2020開催![GIFMSA]

こんにちは!岐阜大学のGIFMSA(国際医学生連盟 岐阜)です!
私たちGIFMSAは、医療系学生として学んだことを地域の方々に還元し、同時に新たな学びを得ています。
これらを通して各々がより良い医療者になることを目指しています。

2020年2月11日(火・祝)に『白熱教室2020 ~百聞は一“験”に如かず~』と題して、高校生を対象としたワークショップを開催しました!
今回はDr.Gという企画で診断のプロセス、スキル体験で手技という、医師の仕事を高校生に模擬的に体“験”してもらいました。

Dr.Gでは患者さんの病気を突き止めるためにGIFMSAスタッフと高校生で話し合い、
スキル体験では盛り上がったのか、胸骨圧迫の方法だけでなく連携を実践してみるグループもありました!

最初は緊張感もありましたが、企画を経るごとに自然な活気が高まっていき、
休憩で話が盛り上がっているところをフリートーク企画の説明のためにわざわざ中断して、説明者が申し訳なくなるという珍事も起きました笑
スタッフと高校生が仲良くなり、一体感も生まれて素晴らしい雰囲気になれたと感じました!

今回の白熱教室が高校生の進路選択の参考になれば、
また準備、本番を通してGIFMSAスタッフが自身の成長を実感できたなら、
白熱教室2020の真の成功ではないかと思っています。
来てくれた高校生の皆さん、準備、本番をがんばってくれたスタッフのみんな、本当にありがとうございました!

RECOMMEND こちらの記事も人気です

世界の医療事情【ケニア編🇰🇪vol.3】
世界の医療事情【ケニア編🇰🇪vol.2–医療巡回車について–】
輝く先輩ナースvol.5 矢田 明子さんに念願のインタビュー!@雲南
世界の医療事情【カンボジア編vol.5】
【学会情報】第17回日本生殖看護学会 学術集会
世界の医療事情【ケニア編🇰🇪vol.1–母子手帳について–】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です