看護学生で語る会~将来について語らへん?~を開催しました

Alt="看護学生 イベント"

突然ですが、将来やりたいことはありますか?
私が看護職を目指すようになったきっかけは、いとこが生まれ病院に行った時に、とても小さな赤ちゃんを抱いている看護師の方を見て、「人の誕生に携わる仕事って素敵だな」と憧れをいただいたことです。このように初めは母性の分野に興味があった私ですが実習や講義、イベントに参加することを通して看護職であることを活かせる場は病棟だけではないことを知りました。その中で最近は、リハビリでできていることを、日常生活でしていることに変えていくには看護師の役割が大きいと知ったことがきっかけとなり、回復期の看護に興味を持っています。

これは私のやりたいことと経緯になりますが、同じ領域に興味があったとしてもそれぞれが同じ捉え方をするとは限りません。今回のイベントでは、それぞれやりたいことについて話しつつ、その思いはどこから来ているのかということを語りました。また、他の人の夢を聞くことによって自分の経験していない、知らないことを知る機会になるのではという思いから、イベントを企画しました。

Alt="看たまノート イベント"

イベントの紹介はこちらから

イベントの様子

今回のタイトルは「看護学生で語る会〜将来について語らへん?〜」でしたが、看護学生だけでなく高校生も沢山集まってくれ、とても賑やかな会となりました。全国の看護学生も集まりそれぞれ、やりたいことを語り合いました。なかには「これから盛りが上がるぞというところだったのに」という声もあり、申し訳なさを感じつつ、参加してくださった方が楽しんでいただける会になったのかな、と嬉しかったです。(イベント終了後にも残って話をしてくださっていた方、ありがとうございました・・・!)

イベントでは、看護学生が中心となり将来どのようになりたいかということについて話し合いました。なぜそれをしたいのか、ということについて、「実習で看護師さんが接していたところを見た」「動画で看護師の重要性を感じた」など、その人ならではの動機や経験談を聞くことができました。
話を聞いた高校生からは、「看護学生って大変だとばかり思っていたけれど、実習に行ってわかることもたくさんあるんだということを知ることができた。」との感想もいただきました。看護学生だけでなく、高校生にとっても新しいことを知る機会になったのかな、と嬉しかったです。

イベントで出てきたみんなの「やりたいこと」

ここで、イベントで話してくれた、みんなの「やりたいこと」を少し紹介していこうと思います。

Aさん

私は看護職については親の勧めで、身の回りにも多かったから漠然とした憧れはあった。
授業で訪問看護のことを学んだ時に、患者さんをすごく大切に思う関わりに興味を持ったよ。自分は身体を動かすことが好きだから、将来はそれを活かして仕事できたらなあ。

Bさん

産業保健師になりたくて入学した。
海外で働きたい気持ちがあったから、海外に行ったり、帰ってきて沢山イベントに参加していろんな人の話を聞いていたよ。
将来は、産業保健師もしたいし、海外でも働きたいし、いろんな働き方を知りたいな。

Cさん

今は大学で牛の研究をしているけど、卒業したら看護科にいくつもり。今、人と動物の共通感染症について興味がある。将来は、患者さんの考えを尊重して「この決断して良かった」って思ってもらえるような関わりができる看護師になりたいな。

Dさん

元々、めっちゃ看護師になりたいと思っていたわけではなかった。でも最近、動画をきっかけに重症心身障害児さんへの看護に興味がある。その動画では、障がいを持ちつつ生活していく中で、看護師の存在ってとても大切だということに気づいた。そこで看護師っていいなと思ったから、将来はそういった方に関わっていきたいな。

Eさん

プライマリーケアを学びたくて、それが学べる病院で半年間働いていたよ。将来は程よい田舎で、患者さんとの距離が近い中で、ドクターが少なくてもある程度のことができたり、その人、家族、環境を見れる人になりたいな。

Fさん

実習で行った回復期に興味がある。そこでは、患者さんのペースで患者さん自身ができるようになることを尊重したケアがされていた。自分もそういった看護ができるようになりたいな。他にも、回復期では退院支援とかも学んだから、訪問看護にも興味があるよ。

他にも・・・!
・実習に行ったら、自分の行きたい科ばかりではないから、性格的にあっているかどうかということもわかるかも
・ネットみていたら実習しんどそうというイメージだったけど、話を聞いていたら、実習したからこそわかることもあるんだなあって思った。
・資格をとって、働き方とか働く場所は色々あるから、看護師になるということだけがゴールじゃないね。
・助産師を目指しているけど、精神科も興味あって、迷っているよ

沢山の人が、自分のやりたいことについて話してくれました。どの話も、本当に素敵です・・・!

イベントを終えて

私は、今まで自分のやりたいこととかいうことになんとなく恥ずかしさがあり、誰かに自分のやりたいことをあまり話すことはありませんでした。しかしこのイベントを通して、自分のやりたいことを言ってみんなから「いいね」って言ってもらえると、嬉しい気持ちになりました。自分と同じような夢をもつ人であっても、なぜそれをやりたいのかという経験したことや想いの部分が違っていたりと、いろんな考え方を聞くことができてとても楽しかったです。また、他の人の話を聞くことによって、そういう働き方も素敵だな、と将来の働き方に対する視野を広げることもできました。

最近はオンラインでの交流も活発になっていて、これまでだったらなかったような新しい出会いもあるのかなと思います。今回のイベントでも全国から参加してくれる看護学生や高校生と、インターネットがなかった時代だったら出会えなかったような素敵な出会いができました。このようなオンラインでの繋がりや新しい出会いの中で、これからも自分らしい働き方や興味のあることをもっと見つけていけたらな、と思います。もし記事などを見て、興味を持った方がいらっしゃれば、また一緒にお話しできたら嬉しいです。

最後になりましたが、今回イベントに参加してくださった方、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。