WiNC! ~人生を変える夏合宿in静岡~【インタビュー編-イベントに込めた想い-】

WiNC!(うぃんく)は、What is a Nursing Careerの頭文字。「!」は勢いです。
看護人生を変えちゃうような機会をぶち上げよう!と、看護職のたまごたちが集まって企画した、これからのキャリアについて考える合宿イベントです。

卒業後のことを考えたいと思う反面、面倒で後回しにしてしまうことはありませんか?

時間をとってじっくり考えたり、他の人からフィードバックされたりすることで、自分でも忘れていた思いに気づくかもしれません。
クラスメイトではない人にだからこそ、話せる夢があるかもしれません。
卒業後も応援しあえる仲間に出会えるかもしれません。

今回の合宿では、「自分の現在地を知る」「想いをぶつけ合ってみる」「合宿を『特別な日』にせず、次に繋げる」ようなコンテンツを予定しています。
2022年の夏を、これからがもっと楽しみになる夏にしませんか?

今回の記事はこんな人におすすめ!

  • 看護職のキャリアに関心がある
  • 将来の働き方や生き方に迷っている
  • 『WiNC! 〜人生を変える夏合宿 in 静岡〜』に興味がある
今回は、9月に開催される看たまノート初のオフライン合宿イベント『WiNC! 〜人生を変える夏合宿 in 静岡〜』の中核を担うお二人に、イベントにかける想いを聞きました。ぜひご一読ください。


はじめに、お二人のイベントでの立場を教えてください

ふえきさん
看たまノートではイベントチームに所属していて、1年間を通してのイベントを考え、マネジメントする仕事をしています。今回のイベントでは、コンテンツをまとめるリーダーをしています。

のむちゃん
看たまノートの代表として、今回のイベントを主催する立場です!

合宿形式のイベントは初めてということですが、どのようなきっかけから企画に至ったのですか?

のむちゃん
看たまノートのイベントチーム内の会議の中で「夏に大きなイベントを開催できるといいね」という話題になりました。私個人としては、「合宿」は非日常的空間だと思っています。日常では話す機会のなかったことや、時間をとれずできなかった事に取り組める貴重な機会になると信じていたので、「宿泊を伴う」ということにはこだわりたいと思っていました。
ふえきさん
そうですね、チームで1年間のイベント計画をする会議を行なった際に、ほかのチームメンバーから「看護学生が一同に会するお祭りのようなイベントをしたらどうか」という提案があり、それが誕生のきっかけでした。満場一致で開催しようと決め、すぐにスタッフの募集を開始しました。
のむちゃん
全国から看護学生が集まるといいな、オフラインで集まるからこそできることはなんだろう・・・などと話をしました。とてもわくわくしたのを覚えています。

今回のイベントのテーマは「キャリア」とのことですが、どのような人に参加して欲しいですか?

ふえきさん
「キャリア」は、就職を考え始めた頃からずっと考え続けないといけないことだと思っていて。私も、私の周りの友達もファーストキャリアについて「この選択でいいのかな…」と悩んでいました。1・2・3年生は、ファーストキャリアの選択に壁を感じていると思います。一方で、ファーストキャリアを決めた後も悩みは続きます。私は就職先が決まった後にそのことを実感しました。看護師のキャリアを長いスパンで仲間と一緒に考えられる機会でもあるので、進路を決めた4年生にもぜひ参加してほしいと思います。
のむちゃん
ふえきちゃんが言ってくれたように、キャリアを考え続けないといけない、というのは本当にそうだと思っています。みんな各々の「なりたい姿」があると思います。でも、「なりたい姿」は変化するかもしれないし、「なりたい姿」を目指すにあたり、必ずしも最短ルートが良いというわけではありません。「なりたい姿」を意識して軌道修正しながら遠回りするのもありだと思います。

ひとりではキャリアについて考え続けにくいということは、これまで出会った看護師さんから伺ったきました。ひとりで思い悩むだけでなく、悩みをシェアしたり、他の人の相談したり、実際に現場を見に行ったり、内省も発信も、両方の活動が大切なのだろうと感じています。一緒にキャリアを考える仲間を見つけたい、キャリアを考える大切さを共有したい、という人にとって良い機会になったら良いと思います。キャリアに迷っている人はもちろん、キャリアに迷っていなかった、あまり考えたことなかったという人にも来て欲しいです。楽しいからとりあえずおいでよ、という気持ちもありますね。

お二人は4年生ですが、いまキャリアについて悩んでいることや、実際に悩んだ経験はありますか?

のむちゃん
私はまだ就職先を決めていませんが、キャリアについては人一倍考えてきたつもりです。こうなりたい、こんな場所で働きたいというのは明確になったのですが、自分の希望を叶えられる働き先はどこなのかという情報を得ることに苦労しています。この夏の期間に、見つけられた就職先の候補を見に行ったり、実際に働いている看護師さんにお話を伺ったりしています。自分の働きたい環境を明確にできた後も、その希望を叶えられる環境を探すのは難しいんだ、ということを実感しました。まだまだ情報収集中です。
ふえきさん
1年生のときは、急性期系と母性系に憧れていて、学年が上がり臨地実習を経験すると、回復期もいいなと思うようになりました。一方で、私の周りの人は急性期に進みたいと考えている人が多く、急性期のほうが技術を学べる機会が多いのではないかという考えも相まって、ファーストキャリアを回復期にして本当に良いのかな、と一時期は悩みました。看たまノートでいろいろなキャリアの歩み方に出会い、現在は回復期をファーストキャリアにするという自分の選択に納得しています

最後に、今回のイベントの見どころを教えてください

ふえきさん
6月からミーティングを重ね、何もないところからこのイベントはスタートしました。このイベントに関わっているスタッフ全員で話し合い、何をしたいか、どのようなコンテンツならキャリアについて考えられるか、2日間の過ごし方を細かいところまで決めてきました。このイベントに参加した人には、自分と同じ看護学生が考えて作ったコンテンツなんだということを感じて欲しいです。
のむちゃん
共通のテーマに関心のある人が集まる“場”、それ自体にきっと魅力があるんじゃないかと思います。これまでオンラインで関わってきた仲間と対面するのは私自身も初めてだし、それって凄いことだと思うんです。みんなが一同に会する空間は、コロナ禍だからこそ価値があると思います。もうこんな一期一会の“場”はないので、迷っている人はぜひ参加申し込みして、当日を楽しみにしてほしいです。

———お二人とも、インタビューにご協力いただきありがとうございました!イベント「WiNC! 〜人生を変える夏合宿 in 静岡〜」は9/19. 20に合宿形式で開催です。
こんなに学生どうしでキャリアについて話せる“場”はないでしょう。
興味の湧いた方はぜひ参加申し込みをしてください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。