既存の制度外から、看護師のキャリアを支援する「オンラインプリセプター」を取材してみた

Alt="オンラインプリセプター キャリア"

プリセプター制度をご存知でしょうか。新米看護師(プリセプティ)にプリセプターという役割をもった先輩がついて指導したり、相談に乗ってくれたりする制度のことです。病院ごとに新人育成の方法は異なりますが、先輩が新人を教える構図は世の摂理なのではないでしょうか。

今回は、病院内にいるプリセプターではなく、さまざまなキャリアを歩んだ看護師のなかから、自分の今後のキャリアについて相談できる「オンラインプリセプター」の取り組みを取材しました。

なぜ、「オンラインプリセプター」が生まれたか

新人看護師としてICUで働いていた時、患者さんを必死に助ける看護師さんのことは、誰が守ってくれるんだろうとふと感じたことをきっかけに、「看護師さんを助ける側になりたい」と感じたN&I stage(エヌアイステージ)代表の鎌田武明(かまた・たけあき)さん。どうしたら看護師さんたちを救えるか考えたところ、病院の体制よりも看護師さん一人ひとりへのアプローチに目を向け、キャリアを支援することに行き着いたそうです。

鎌田:看護師さんの多くが問題に感じているところは、人間関係や労働環境です。しかし、これらを変えていくには、病院を変えるほかありません。ただ、まだ若手看護師である自分が病院の体制を変えることは難しいと感じたので、働く看護師さんの内面にアプローチしたいと考えるようになりました。
まず何から始めようかなと考え、大学院へ進学しました。

現在鎌田さんは、大学院で看護管理学を学び、プリセプターとプリセプティの関係性について研究しています。
時代とともに若い人の気質・コミュニケーション能力が変わってきているなかで、病院の教育体制は対応しきれていない現状があるそうです。近くにいるプリセプターがプリセプティの困っていることを認識し、どうフォローするかを全体でシェアすることが重要ではないか、という仮説のもと、いかに病院内でコミュニケーションが取れるようにサポートするかを研究しています。

組織や個人のキャリアアップや、マネジメントなど看護管理の学びも生かし、さまざまなキャリアを歩んだ看護師のなかから、自分の今後のキャリアについて相談できる新しいプリセプターの形が生まれました。

「オンラインプリセプター」サービス概要

“ONLINE PRECEPTOR 「オンラインプリセプター」とは、
自身のライフキャリアや職場の悩みを、オンライン上でプリセプターに1対1で相談できるサービスです。看護師さんの悩みの整理だけでなく、解決のための選択肢や情報の提供、アドバイスなどを積極的に行います。”

Alt="キャリア相談 看護師"

自己分析をベースに、「キャリアアップコース」「看護師+αの独立・起業コース」の2コースが用意されています。

講師としてキャリア相談に乗ってくださる看護師さんは40名ほどを予定。現在、既に15名ほどが集まってくださっているそうです。個人でコンサルティングしている人に個別でアプローチするよりも、N&I stageに登録することで、一つの窓口からたくさんのキャリアをもった人にアクセスできる点が魅力です。

また、自己分析に特化したカウンセリングも特徴。
相談者が本当にやりたいことは何か。自己分析を進めるコーチングとキャリアコンサルを掛け合わせた時間を提供します。転職サイトを開く前に、自分と対峙して整理したうえで、適切にエージェントに希望を伝えられるよう支援します。

鎌田:基本的に転職先の斡旋はしません。あくまでも、どんなキャリアプランを描いていこうかを一緒に考える部分をサポートしていきます。斡旋する時点でお金が発生するので、その収益を目的にしてはいけないなと思い、一線を引いています。

今後は、「キャリアアップコース」「看護師+αの独立・起業コース」の2コースに加えて、コーチングやキャリアコンサルタントの資格を持った看護師さんに関わってもらう本格的な自己分析に特化したコースも構想中なのだとか。「オンラインプリセプター」の発展に期待が高まります。

相談は1回:3980円(全コース)。11月〜12月のプレオープン期間中は1回券2500円で利用可能です。

「オンラインプリセプター」誕生の裏にある課題感

鎌田:情報量と、従来の転職支援のあり方に課題を感じました。
キャリア相談に乗ります!と個人で手を挙げ、ボランティアで活動している人はいます。しかし、それではその人のキャリアについては語れますが、必ずしも相談者の求めている情報があるとは限りません。

また、大手転職会社は就職の斡旋が目的です。僕自身も転職活動をする際に利用してみて感じたことですが、条件をヒアリングして勤務先候補を紹介することに留まるので、本当の意味でその人に合った働き方や自己分析をサポートすることは業務外です。

Alt="オンラインプリセプター"

実際に鎌田さんが看護師の転職に関わる友人(非医療職)にも聞いてみたところ、「正直、具体的な悩みは経験していないから分からない。理解はできるけど、共感はできない」という返事があったそうです。十人十色のキャリアだからこそ、「あなたの場合は、こういう訪問看護ステーションを選ぶといいかもよ、こっちの働き方はどう思う?」と、具体的なアドバイスができる存在が必要だと感じたといいます。

Pick UP!⇨看たま向けキャリア支援プログラム

現在、クラウドファンディングに挑戦中

クラウドファンディングを実際にリリースしてみて驚いたことがあるといいます。リリース後10分以内に【「看護師を大手を振って応援したい」コース】に応援があり、その応援者は、病院の人事お仕事をされている方だったのだとか。

鎌田:想像していた支援者の方は、企業さんか、キャリアに悩む看護師さんだと思っていました。ところが蓋を開けてみたら、普段看護師を支えている人だった。ぜひ応援したいと言って記念すべき一人目の支援者になってくださったことが僕の中では印象的で、その晩ウイスキーを飲みました(笑)

クラウドファンディングは10月15日まで。看護師さん一人ひとりのキャリアを応援するN&I stageのチャレンジを応援してみませんか?

「オンラインプリセプター」実装の先

「オンラインプリセプター」が広まることでの展望を伺いました。

鎌田:現在は1対1の面談ですが、スクール形式を目指しています。「オンラインプリセプター」を通じて、「自分も何か始めたい」と手を挙げる看護師さんが増えるはず。その夢を実現できるようなプラットフォームになれたらいいなと思います。

「オンラインプリセプター」に関わるそれぞれの人が、得意なものを持っています。その得意なことが、プログラミングかもしれないし、事業づくりかもしれないし、コミュニティづくりかもしれません。「みんなで集まれば、もっと盛り上がると思うんですよね。」と鎌田さん。誰かが一歩踏み出そうとする際に、それらに乗っかりたい人をマッチングし、スキル面でも自走できるようお手伝いできるような環境を作りたいといいます。

鎌田:僕個人で考えていることとしては、YouTubeで、看護師の楽しさややりがいについても、アナザースカイや情熱大陸のようなイメージで発信したいです。あとは、プリセプターを養成する機関とか。「オンラインプリセプター」のその先にもやりたいことが溢れているので、早く進みたいですね!

ーーー鎌田さん、推進力に元気をもらいました!取材へのご協力、ありがとうございました!

持ち前のスピード感と明るさで突き進む鎌田さんのインタビュー記事はこちら。
⇨hospass media 「看護師の幸せは、全ての人々の幸せに繋がっているんです。鎌田武明 / 看護師」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です