【サークル紹介】こどもボランティアサークル ひだまり

主な活動

①学習支援ボランティアとして岐阜市民病院の小児科に勉強を教えに行く

②保育園ボランティアとして岐阜大学保育園で子供たちと一緒に遊ぶ

③小児レクリエーションを企画して行う

理念

サークル内での知識・技術の向上を図り、小児のニーズに合ったボランティア活動を行う。またこれらの活動には外部機関との調整が必要でありそうした取り組みから社会的行動力や計画を遂行する力を養う。

設立

岐阜大学に学籍を有する学生によって2018年に組織される

規模(人数)

岐阜大学医学部学生43人(2019年10月現在)

所属大学

岐阜大学に所属する学生

活動拠点

岐阜大学看護学科、岐阜大学保育園、岐阜市民病院小児科

活動頻度

学習支援ボランティアは月に2回程度(木曜の夜)

保育園ボランティアは各学生で空コマを利用して活動していく

よりよいボランティアを行うために隔週の金曜にミーティングを行う

More information

子供が好き!子供と触れ合いたい!そんな気持ちからひだまりに入った方も多いです!

勉強を教える学習支援ボランティアや、一緒に遊ぶ保育園ボランティア、小児レクなどを通して子供を好きな気持ちをより具体的に考えることが出来ます。自分が興味のあるボランティアに参加していく主体的なサークルです!!

ここで学んだ子供たちとのコミュニケーションの取り方や小児の特徴は将来役に立つこと間違いないです!将来の自分の選択肢を広げられます!

RECOMMEND こちらの記事も人気です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です